第3話-はじめてのプログラミング-Hello World!!【現役エンジニア解説によるプログラミング入門】

じっくりプログラミングコース

今回から、いよいよ実際にプログラミングを行います。

開発ツールはVisual Studio 2019 Communityを使用しますので、まだインストールが終わっていない方は、下記の記事を参考にインストールをしてからお進みください。

Hello World!!

それでは、最初のプログラミングということで、「Hello World」をやってみたいと思います。

「Hello World」とは何かといいますと、プログラミングの世界ではお決まりの文言で、開発環境を整えて最初の動作確認で実行するプログラムの事を示します。

今回使用するVisual Studioは、最近の開発環境ということもあり、インストールも難しくないように作られているため、インストールさえできれば動くことはほぼ間違いない状態となっていますが、一昔前のものや、環境を構築するのが難しいものの場合、そもそも開発環境がきちんと整っているのか確認する必要がありました。

そこで、全く複雑ではないプログラムである、「Hello Worldと表示する」というだけの単純なプログラムを実行することで、プログラムを実行できる環境が整っているということの確認を行っていました。

今回もその慣習に従って、自分のパソコンでプログラムを実行できる環境が整っているのか確認を行いましょう。

Visual Studio の起動

それでは、Visual Studioを起動して、プログラミングを行う準備をしましょう。

まずは、Visual Studioの起動です。Windowsのスタートメニューの中に、Visual Studio 2019がありますので、クリックしてください。

プロジェクトの作成

Visual Studioが起動したら、「新しいプロジェクトの作成」をクリックしてください。

次の画面では、様々な形のプログラムのテンプレートを設定することが出来ます。

今回は、コンソールアプリケーションを使用するので、条件に入れて絞り込んでいきましょう。

以下の通り設定をして絞り込んでください。

検索項目検索条件
言語C#
プラットフォームWindows
プロジェクトの種類コンソール

絞り込んだら、2つの項目が出てきます。どちらもコンソールアプリですが、「.NET Framework」が付いていない方を選択して次へをクリックしてください。

次へをクリックすると、新しいプロジェクトの構成を指定する画面が表示されます。

プロジェクト名を「HelloWorld」に設定し、場所は好きな場所を設定してください。特に希望が無い場合は、デフォルトの場所で構いません。

プロジェクト名を変えると、ソリューション名も勝手に変わりますので、各種設定が出来たら、次へをクリックします。

次の画面へ進むと、ターゲットフレームワークを設定する画面が出てきますが、特に気にしなくて良いです。デフォルトのまま進みましょう。

この辺りが何を示しているのかは、後々お話しします。

作成をクリックするとVisual Studioがソースコードを表示してきます。プログラムの世界に入門です。

Hello Worldを確認しよう

実は、このプロジェクトの作成を終えた時点で、すでにHello Worldのプログラムが出来上がっています。ソースコードの中を見てみましょう。

注目していただきたいのは9行目です。

Console.WriteLine(“Hello World!”);

となっていますね。

Console.WriteLineとは、「()の中にある文字をコンソールに表示する」というコードです。

今回のプログラムは、()の中に「”Hello World!”」と書いてあるので、「Hello World!」と表示するという仕掛けになっています。

え?「”(ダブルクォーテーション)」は何かって?そこに気づいたあなたは鋭いです。後々別の回で説明しますので、少々お待ちください。

それでは早速、Hello Worldを実行してみましょう。

プログラムの実行

Visual Studioにおいて、プログラムの実行は、実行ボタンを押すだけです。

画面の上の方に、再生ボタンのような三角マークがあると思います。これが、実行ボタンです。このボタンを押してみましょう。

初回の起動なので少し時間がかかりますが、黒い画面が開くはずです。この黒い画面の事をコンソールと呼びます。コンソールの画面上部に、「Hello World!」と出ているのが確認できるでしょうか?

出ていることが確認出来たら、コンソール画面を選択した状態で適当にキーボードのキーを押してコンソール画面を閉じてください。

プログラムを書き換える

これだけで終わると少々寂しいので、プログラムを書き換えてみましょう。

Hello Wordを表示する行の下に、「こんにちは、世界!」と日本語を表示するためのプログラムを書いてみましょう。

using System;

namespace HelloWorld
{
    class Program
    {
        static void Main(string[] args)
        {
            Console.WriteLine("Hello World!");
            Console.WriteLine("こんにちは、世界!"); //この行を追加しました
        }
    }
}

ここでポイントになるのは、Hello Worldのすぐ下に書かなければいけない所です。

なぜかと言うと、「static void Main(string[] args)」というプログラムの塊の中に書かなければ、正しく動かないからです。

8行目の「{」から、11行目の「}」までの範囲が 「static void Main(string[] args)」 というプログラムの塊であることを示しています。

そして、 「static void Main(string[] args)」 のプログラムが起動するように設定されているので、 「static void Main(string[] args)」 の塊の中にプログラムを記述することによって、自分で作ったプログラムを動かすことが出来る状態になっています。

それでは、実行してみましょう。

Hello World!、そしてこんにちは、世界!が表示されたでしょうか?これで、プログラミングの第一歩を踏み出しましたね!

エラーが発生した場合

プログラムを実行したら、こういったエラーメッセージが出てしまった方はいらっしゃいますでしょうか?

このメッセージが出る場合、プログラムに何らかのエラーがあるという意味になります。そのため、私の書いたプログラムとよくよく見比べて、違う部分が無いかよく確認してください。

可能性としてあり得るのは、「}」の数が合っていない、「;」を行末に付け忘れている、こんにちは、世界!のメッセージを「”」で挟んでいない、などが考えられます。

まとめ

HelloWorldのプログラムを実行するところまで進めてみました。「なんだ、意外と簡単だな。」と思ってもらえたら幸いです。

今回の操作において、プロジェクトの作成とプログラムの実行は今後も何度も使いますので、覚えておいてください。

次回は、プログラムにおける3大道具の1つ目、「変数」について学習していきたいと思いますので、よろしくお願いします

コメント

タイトルとURLをコピーしました