Visual Studio 2019 Community インストール方法【現役エンジニア解説によるプログラミング入門】

ソフトウェア

本ページでは、Visual Studio 2019 Communityをインストールする方法をお伝えします。

インストーラーのダウンロード

まずは、下記リンクのMicrosoftのページからVisual Studio 2019 Communityのインストーラーをダウンロードします。インストーラーとは、コンピューターにソフトをインストールするためのアプリです。

Visual Studio 2019 | 無料ダウンロード
Visual Studio でコード補完機能、デバッグ、テスト、Git 管理、クラウド配置を使用して、コードを作成します。 無料のコミュニティを今日ダウンロードします。

リンク先に飛んだら、Visual Studioのダウンロードというプルダウンから、「Community 2019」を選択します。すると、インストーラーがダウンロードされます。

インストーラーを起動

ダウンロードしたインストーラーをダブルクリックして、インストーラーを起動しましょう。特別な設定をしていなければ、「ダウンロードフォルダ」にダウンロードされていると思いますので、ダウンロードフォルダを見てみてください。

インストーラーを起動すると、下記の画面が表示されますので、「続行」をクリックしてください。

この画面が表示される前後で、「このアプリがPCに変更を加えることを許可しますか?」といったメッセージが出る場合があります。警告にびっくりするかもしれませんが、これは読み替えるとインストーラーを使ってソフトをインストールして良いですか?と聞かれているので、「はい」や「続行」などを選択して大丈夫です。

インストールが進めらない場合、権限が不足している可能性がありますので、お使いのパソコンを管理している人に聞いてみましょう。

続行をクリックすると、インストーラーが動き始めますので、少々お待ちください。

インストール設定

インストーラーが起動すると、下記の画面が表示されます。

この画面では、どういった開発用アプリケーションをインストールするか設定を行うことが出来ます。本コースでは、「.NET デスクトップ開発」にチェックを入れて、インストールボタンをクリックしてください。後から追加も出来るので、ひとまず本コースで必要なものだけを入れておけば大丈夫です。

この画面でインストール場所の設定を行うことが出来ます。他のストレージに入れたい人は、「変更」をクリックしてインストール先の設定をしてください。特に気にしない方は、デフォルト設定のままで問題ありません。

インストールをクリックすると、インストールが始まりますので、しばらくお待ちください。

Visual Studioの起動

インストール待ちの画面で、「インストール後に起動する」にチェックが入っていれば、インストールが終わり次第Visual Studioが起動します。

起動すると、サインインを求められるので、Microsoftのアカウントでサインインをしましょう。

サインインをしなくても30日間は使用することが出来ます。30日以上使用する場合は、評価版を延長するか、サインインをしてください。

初回起動時に、Visual Studioの見た目を設定することが出来ます。あとから変更も出来ますので、気に入ったデザインを選択して、「Visual Studioの開始」ボタンをクリックしましょう。

開始をクリック後、しばらく起動に時間がかかるので、少々お待ちください。

しばらく待つと、Visual Studioの起動画面が表示されますので、この画面が表示されればインストールと設定が無事完了していることになります。

以上でVisual Studio 2019 Communityのインストールは終了です。お疲れさまでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました