【WordPress】WordPressの便利さを自作のサイト(HTML)と比較!

WordPress

みなさんこんにちは、UMA(ユーマ)です。

以前、自作のホームページを作成していた時期がありました。ただ、エンジニアということもあり、WordPressに挑戦してみようと思って始めてみたところ、とても便利だという事に気づいてしまいました。

そこで今回は、WordPressを使用した時の便利さを、HTMLで自分のサイトを作成していた時の経験と照らし合わせてみようと思います。

WordPressがどれほど便利なのか、WordPressを導入するかどうかで悩んでいる方の参考になればと思います。

HTML vs WordPress

HTMLとWordPress、それぞれどんな特徴があるのか、比較表にまとめてみました。

HTMLWordPress
自由度
効率
学習する量×
費用
投稿管理

一言にまとめるならば、WordPressが便利極まりないということなのですが、HTMLにもメリットはあります。

それでは、各項目について見ていきましょう。

1.自由度

圧倒的な自由度は、HTMLに軍配が上がります。なぜなら、全てを自分で作成することができるため、全てにおいて、自分のイメージ通りにサイトを作成することが出来るためです。

ただし、圧倒的な自由度を手に入れるためには、かなりの学習が必要となります。

その点、WordPressは事前に用意された機能を組合わせていくため、HTMLで全てを作成することに比べると自由度が落ちてしまいます。しかし、サイトの作成に必要な機能の多くが揃っているため、あまりにも強いこだわりを持っていなければ、不自由することはないでしょう。

2.効率

作業を行う効率においては、WordPressに軍配が上がります。これは、サイトの作成から含めてのことですが、用意されているテンプレートをうまく利用することで、すぐにスタートを切ることが出来ます。

また、記事を書いていく際にも、WordPressが用意している編集用のエディタを使うことで、視覚的にデザインの編集を行うことが出来ます。

私の中で、最も効率よく作業が行えると思ったのは、投稿した記事がサイト内の様々な所にリンクとして自動的に作られる仕組みです。例えば、「人気の記事」や「新着記事」などの仕組みです。

ブログであれば当然存在する機能なのですが、HTMLでサイトを作ろうとすると、自分でその各種更新する機能を作るか、各ファイルを手動で更新しなければならないため、1本の記事を投稿するだけでも様々な作業が必要でした。

そのため、めんどくささが先行して、やる気がなくなってしまったんですね。

3.学習する量

学習する量については、WordPressの方が圧倒的に少ないです。私自身はシステムエンジニアをやっているということもあり、ソースコードの学習に拒絶反応は無かったので、HTMLをちまちまと進めることが出来ましたが、一般の方がHTMLを学習しようとすると、それはもう挫折のオンパレードになると思います。

学習すべき内容がHTMLだけではなく、CSS、サーバーの仕組み、Google検索に引っ掛ける方法など、様々な範囲に広がります。また、思い描いた通りのデザインをするためにも、ソースコードとのにらめっこをしなければなりません。

その点、WordPressはHTMLでサイトを作成するほどの学習をする必要はありません。WordPressの編集画面を操作できるようになれば、サイトを作成することが出来ます。

とはいえ、WordPressにおいても多少のこだわりを載せるためには、CSSなど学習しておくに越したことはありませんが、自分だけで全てを作成しなくて良いので、学習量はかなり少なく済みます。

4.費用

費用に関しては、ピンキリなのですが、WordPressを利用する場合の方がやや高めの印象を受けました。

というのは、HTMLの場合、全てを自分でやるので、レンタルサーバーは空箱を借りれば良いので非常に安いものがあります。WordPressの場合、WordPressを使用できるサーバーを借りる必要があるためか、サーバーレンタル料がやや高めになっています。

といっても、月数百円レベルなので、大した差ではありません。

正直なところ、この数百円のためにHTMLを学習して自分で作成するというのは、時間がかかるという点で損しているように感じます。もちろん、HTMLをしっかり勉強したいという話であれば別ですが。

5.投稿管理

最後は投稿管理です。これに関しても、WordPressが圧倒的に便利です。

HTMLの場合、基本的に自分でアップロードを行うので、自分のPCの中にページのファイルを作成し、管理しておく必要があります。また、いつ投稿するか?などコントロールも全て自分でやる必要があります。

WordPressの場合、記事の一覧を見ることが出来ますし、投稿予約などが出来るので、いつ作業を行っても投稿時間を統一することが出来ます。

まとめ

HTMLとWordPressの特徴を各項目に従って比較してみました。個人的には、HTMLでサイトをせっせと作るのも楽しかったのですが、メンテナンスのめんどくささが大きく、更新しなくなってしまいました。

ただ、当時学習をした内容はWordPressに活かすことができるので、無駄になったとは思いません。

これからブログやホームページを作ろうと試みているみなさんは、ぜひWordPressで便利で快適なサイト作成ライフをお送りください!私もこれからは、便利で快適なWordPressライフを送ろうと思います!

コメント

タイトルとURLをコピーしました